3月8日土曜日 2ヶ月に一度開催される 「第五回ストーリーマルシェ」が開催されました
茅ヶ崎ストーリーマルシェとは・・・
茅ヶ崎を愛するこだわりを持った職人達が2ヶ月に一度、
マルシェに集結。
出店される品物は地元の食材を用いて作られたものなど
全てに出店者の想いがたっぷり詰め
込まれた逸品ばかり。
皆さんには2ヶ月に一度、マルシェでこだわりの品を一気に
味わって欲いただけます。
ストーリーマルシェを通じて、出店者と地域の皆様、
地域の人同士、出店者同士、全てが繋がり
地域を盛り上げる事(活性化)を目的としています。

主催者の私たちもこの日が待ち遠しくとても楽しみにしています。」
主催者の青木隆一さんからのメッセージ

今回出店していただいた’職人さん'をご紹介します。
OPENと同時に大盛況
いつも売り切れですみません!前回、大人気で売り切れになってしまった『アンクルケンピザ』
愛情たっぷりのマルシェ限定手作りお弁当
こだわりの天然酵母パン
世界にたった一つのオーダーメイド家具
てぬぐいで作ったベビー服
マルシェ限定焼き菓子
茅ヶ崎の地野菜と野菜ジュース

会場は活気溢れる市場そのまま
今回の醤油造り仕掛け人の中丸さん わんこも納得活き活きマルシェ 
笑みは世界の原動力なり^^
ワークショップ同時開催
「お醤油作りワークショップ」 「ステンドグラスアクセサリーワークショップ」
醤油が出来るまでの過程の説明のあと 実際に仕込み作業
単純な肯定なのだけど、 これからの気配りが結果を生むのです。
途中経過など、お知らせ頂けましたら またご報告させて頂きます。
グラスアーティスト 石井千晶さん
地元茅ヶ崎を中心に活躍中
醤油つくりワークショップ講師プロフィール 次回開催は5月10日
城 慶典
1984年生まれ醤油職人。
高 校生の時、自社での醤油醸造の復活を志す。
東京農業大学 醸造科学科に入学。入学後、
「学校に通っているだけでは自分の求めるものは得られない。」
ということに気づき、伝統的製法による醤油造りを続けられている
醤油蔵を探し、卒業までに7つの醤油蔵で短期間の研修を受け入れて頂く。
卒業後、岡本醤油醸造場にて一年間の研修。
その後、JFCS(ジャパン・フード コーディネーター・スクール)で
一年間学び2009年6月より、実家であるミツル醤油へ入社。2009年11月 
夢である醤油造りの復活と、地元・糸島を 全国に発信したい。
という思いをリンクさせ具現化する、社内別ブランド「itosima terroir」
(イトシマ テロワール)をスタート。
 
次回開催日は5月10日 DM拡大画像はこちら